生活学習倶楽部は、不思議や疑問を学ぶ、生活お役立ち情報サイトと検定・資格情報を提供しています。



生活学習倶楽部
お役立ち情報サイト&検定情報

           

  

 
観光特産士とは 観光コーディネータとは 販路コーディネータとは セールスレップとは

情報マガジンのご案内

特産・工芸品のメルマガ
観光情報ノメルマガ
マーケティングのメルマガ
商品を仕入れる人のメルマガ
営業の検定メルマガ
コンサルタントのメルマガ
書籍「つくる」から「売れる」へ


観光を学ぼう!



お問合せ
会社情報

日本セールスレップ協会は、「営業のプロ」としての人材育成活動を行い、製造業、流通小売業、卸・問屋業、営業、エージェントを問わず、幅広い業種・業態に対応した研修プログラムを提供しています。

 


JMC(社)日本販路コーディネータ協会



一般社団法人日本販路コーディネータ協会
が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、
製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、「マーケティングコンサルタント資格」です!

マネジメントマーケティグ
 
 

−マネジメントマーケティグとは−

マネジメントマーケティングとは、「経営ビジョン、経営計画を含むあらゆる事業活動においてマーケティングは常に先行し、新たな経営(事業)をも創出する」ことと捉え、実行し、市場に適応することである(小塩稲之)。

すなわち、このことは単にマネジメントマーケティングを既存の「経営(事業)」が使うということだけでなく、マネジメントマーケティングを用い、これを契機として「新たな経営を創出」するという概念を持つものである。つまり、市場の視点で、今どのような事業を創出すべきか、市場のニーズ、ウォンツからマーケティングを捉え、事業を創造するということである。

さらに、既存の経営(事業)活動においての「マネジメントマーケティング」は、川下から川上を見つめ、経営全体、経営の根幹までを含めて構築するという概念をも含むものである。いわば、企業の活動全体をみるものとして位置づけられる。

マネジメントのすべては「取り巻く環境に対応できるかどうか」 分野や業界によって、その時間差が長いか短いかということでもある。公的研究委員会などの研究課題における実践からこれを体系化し、小塩稲之が提唱した。マネジメントをマーケティングから捉えた理論といわれている。〔学術論文集、新聞社説等からの掲載引用〕

関連項目
MMPとは

フィリップ・コトラーは、マーケティング・マネジメントを「ターゲット市場を選び出し、優れた顧客価値を作り出し、分配し、コミュニケーションをすることによって、顧客を獲得し、維持し、増やすための技術と知識である」(※1)と定義している。これによると、マーケティング・マネジメントとはマーケティングをマネジメント管理の視点から捉えたものということになる。

参考文献 
※1『コトラーのマーケティング・マネジメント』ピアソン・エデュケーション

資料協力:一般社団法人日本販路コーディネーター協会

 

日本観光文化検定協会は、地域の観光や特産品、歴史、文化について一定の知識を持つ人に「観光特産士」、上級ライセンスとしての「観光コーディネーター」の合格証を授与しています。

JTCC日本観光コーディネーター協会


 

 

生涯学習倶楽部

 
このサイトをぜひ、ブックマークをしておいてください! 
いつでも覗きに来てください!

Copyright(c)seigaku. All Right Reserved.
Copyright(c)JMC. All Right Reserved.